ソフロロジー、本を読んでやってみた3人目出産レポ

妊娠出産
スポンサーリンク
1人目自然分娩、2人目無痛分娩、
ときまして3人目は自然分娩。

痛みに弱いため無痛分娩をえらんだわたしですが
3人目はソフロロジーやるから大丈夫!(謎の確信)
と自然分娩に戻りました。

ソフロロジーについてとソフロロジー体験談と
ソフロロジー出産のレポ。

スポンサーリンク

ソフロロジーの本を読んでやり方を知る

まず、ソフロロジーの本を購入して読んでみました。



これ。

ソフロロジーってなに?っていうと
イメージトレーニングしてリラックスして出産しましょう、みたいな。

痛い・怖い、ってイメージじゃなくて
これから赤ちゃんに会える、いい痛みなんだ、みたいな。

痛い痛い!ってなってるよりも
リラックスしてた方が実際感じる痛みはかなり緩和する、とか。

あと、どんなに痛くても陣痛の痛みは10秒だか20秒だか
くらいで一度おさまる。と。

痛いときは、赤ちゃんも痛くて、でもがんばってる。

で、リラックスするような音楽とかアファメーションの
音声が入ってるCDがあったけど
赤ちゃん、会えるの待ち遠しいよ〜うれしいよ〜
みたいな音声だった気がする。

出産まで実際ソフロロジーのイメトレ

本を読んでなんとなくソフロロジーについて知り。
あとは、出産までイメトレをしましょうと書いてある。

CD聴きながらね。

で、3人目出産の日まで、このイメトレを






まったくやらなかった!


やらなかったんですよ〜
あ、とにかくリラックスしたらいいのね。OK、OK。
みたいな感じでね。

いざ出産。ソフロロジーは活かせたのか

とりあえずリラックスを心がけ、
赤ちゃんに会うのをたのしみにいざ出産!!








い…いってぇ。。。

う…こんなに痛かったっけ陣痛。

ずいぶん前のことの上に
二男は無痛分娩だったから陣痛の痛みすっかり忘れてた。
なめてた。やばい。

リラックスできねーーーーー

全然できねーーーーーー


でも1人目の時と違い、叫ばずに耐えることができた。
だいぶ静かに耐えた。(うめきはした)

しかしいよいよいきむくらいの領域に差し掛かった時
叫び始めるわたし。

まじでいてーーーーーーーーー


もう、力の限り


痛い痛い痛い痛い痛いいいいいいぃ

と叫んでいると助産師さんがパニクって
あたしの足をバシバシ叩きながら

「大丈夫?!あたしの声聞こえる?!」

と確認してきて
そら聞こえますがなとか思いながら
助産師さんがパニクるほど叫んでた自分にちょっと引いてると

助産師さんが必死に

「息止めないで!今息止めると赤ちゃんに酸素がいかない」

とか言うので、
ちょ、それ早く言ってよ、まずいじゃんそれ
と思いながらかなり大げさに目ひんむきながら


フーーーーーーーーーー


と大きく息をし始めると
助産師さんもほぼ通常運転に戻り

そっから何回いきんだか忘れたけど
割とあっという間に赤ちゃんが出てきて

いやー

もうこんなだったっけ出産。まじで参ったわ〜

てな具合で、やっぱり出産は痛かったし
ソフロロジーのことすっかり忘れてた。笑

夜中の12時すぎに病院に行って
産まれたのは5時前くらい。
まあそこまで早くもないけど(経産婦だし)安産だったかな。

それでもソフロロジーをオススメするわけ

そんな、大して実践もせず
しかも出産時はすっかり忘れていたくせに
ソフロロジーをおすすめしちゃう理由。

それはやっぱり知ってた方がいいことがあるし
出産中すっかり忘れてたとはいえなんとなく
意識に残ってると思うので

・リラックスした方が痛みが軽減される
・赤ちゃんに会うよろこびにフォーカスする

あたりは、染み付いてて
途中叫び出す前までは、とにかくリラックスを心がけれたと思う。

いや、叫ぶほどになったときは
呼吸もなにもないくらいだったけど
助産師さんがパニクるほどに。

でも途中までリラックスを心がけることができたので
全身に力を入れて全身筋肉痛になるようなこともなかった。

まあ、3人目っていう経験のおかげもあるかもしれないけど
ソフロロジーの本を読んでいたおかげもあると思う。

そんで、
初産の妹にソフロロジーの本を貸したんだけど
リラックスと呼吸を意識して出産に望んだところ
「痛みの逃がし方がうまい」と助産師さんに褒めらたとのこと。

ソフロロジーやった人は「痛みの逃がし方がうまい」らしい。
(なんか他のとこでもこの表現をみた)

わたしは、逃せなかったけどね、うまく。
3人目なのに。

妹もまあまあ安産だったし。
(第一子出産後、双子も出産したけど双子めちゃ安産だった)

そーゆーわけで
ソフロロジー、いいんじゃないかと思う。

ちなみに妹も、イメトレ特にしてなかった。笑
やっぱイメトレがすごく大事なわけじゃなくて
心がけ的なとこがきいてくるのかも?

呼吸の大切さ

そうそう、もはやソフロロジーの効能とも言い切れないけど
赤ちゃんがピンクできれいな状態で産まれてきた!

めちゃ大げさに

フーーーーーーーーー

したおかげかもしれないし
いきみはじめてからすぐ産まれてきたからかもしれないけど

1人目と2人目の時は
なんかくすんだような肌で産まれ出てきたのに
3人目はきれいにピンク色。全身が。

そして、1人目も2人目も、
産まれてから処置が必要だったので
カンガルーケアはほとんどできなかったのよ。

産まれてからちょろっと抱っこして
すぐに処置室に連れて行かれてしまい、
分娩室から出て個室に戻ってから
赤ちゃん連れてきてもらったの。

それが3人目は、産んですぐカンガルーケアで
あれ、まだいいの?ってくらい胸にのっかってて
かわいーかわいー。
3人目にして初めて、あんなに産まれてすぐの赤ちゃんを
胸にのっけって抱っこできた。

ソフロロジーの体験談とか読んでいると
このピンクの赤ちゃんが出てきた体験もよく見かける。

会陰切開もなしでした

そんで、またこれソフロロジーのおかげと
言い切れないところだけど

3人目にして初めて会陰が無事。
1人目は切開で2人目は裂けたから…。
でも3人目は切られず裂けずで縫合なし。

会陰が無事って、産後がラクだね…。
あの傷の得体の知れない痛みと恐怖。

あんなとこが縫われてるってだけでなんか恐怖。
なんとなく触れないしさ〜…。

傷がないので普通に座れるしおしっこや便も
怖くなーい!

縫われてた時は、おしっこ拭くのもおそるおそるだった。


わたしが出産した病院では
会陰縫合なしってめずらしかったのかなんなのか

産後の診察とかおしもチェックのたびに
あ、縫ってないのね、とおどろかれた。

ちなみにずっと助産師さんに押さえてもらえたので
痔もなし。産後痛くなくて座れるってイイ。


しかし、後陣痛がびっくりするくらい痛かった。
産むほどに後陣痛がひどくなると聞いてはいたが。

みんなで談話してる最中に突然痛み出すもんだから
いきなり1人だんまりして痛みに耐える場面も多かった。

母、会話中いきなりわたしが応答しなくなるもんだから
しつこく話しかけてくるんだけど、

いや今ちょっとだけそっとしといて

って心の中で頼んだ。


そんな3人目の出産。


ま・と・め

ソフロロジー、
イメトレ実践せず出産中も忘れてたわたしが
言うのもなんだけど、イイと思うしおすすめ!

知識だけでも入れといて損はないと思う。

リラックスして呼吸を止めないことを心がけると
赤ちゃんにとってもいいみたいだし
実際ピンク色で産まれてきた第3子をみてそれは実感しました。

会陰が無事だったのはなんでか謎だけど
会陰の傷がないのはかなりラクなので
マッサージするなりイメトレするなりで、会陰の無事に
努めるのは吉じゃないかと思う。


4人目は限りなく可能性ゼロに近いけど
もし!万が一!そのようなことがあるなら、その時は
もうちょい真面目にイメトレするかな。たぶん。しないかな?



コメント