産後の尿漏れ阻止運動。びっくりするほどお漏らしした恥ずかしい過去の話

妊娠出産
スポンサーリンク
その昔若かりし頃
知り合いのおばさんが

「子ども産んだことがある人ならみんな
 お漏らしの経験くらいあるわよ〜あっはっは〜」

と笑っていたのを聞いて
まじありえない。と思っていたんだけど
先人の言うことは聞いとくもんですね。

ふつーにしました。お漏らし。
もう尿もれとかのレベルじゃない。びっくりした。


スポンサーリンク

産後はふつーに尿もれしちゃう

普通、ちょろっと尿もれの危険性を感じた瞬間に
キュッと引き締めたら止まるじゃないですか尿。

ちょっとくしゃみした拍子にとか言う場合なんかも
止まるじゃないですか。
若干下着が汚れるくらいじゃないですか。



ちげーのよ。



もう、

ジョロジョロジョロジョロジョロ

つって意に反してひとっつも止まらないの尿。
そんなつもりはないのよ
止める気満々なのよなのに

止まらないの尿。


そして尿意を感じてから
我慢の限界になるまでのスパンが激短い。

すぐ限界きてジョロジョロの危険性を孕む。


なので
本当にちょびっとでも我慢したら終わり
くらいやばかったです。


尿意来たらすぐにトイレに駆け込んでいました。

めっちゃゆうこと聞いてた。尿意の。


それでも2〜3回ジョロジョロ経験しましたわ。
もう恥ずかしいを超えて不思議。

自分の体が言うこと聞かない不思議を
とことん味わったよ。


産後の尿もれの原因は

骨盤底筋というやつが伸ばされてしまって
うまく収縮できない状態になるから
らしいです。

骨盤底筋というのは
お尻の穴・膣・尿道をキュッとする筋肉です。


尿もれ解決策は

このどうしようもない尿もれ体験は
産後半年もすると全くなくなっていましたが、
一応膣とか肛門をキュッと引き締める運動を
暇さえあれば行なっていました。

肛門・膣・尿道全てを締めるように
力を入れるのです。


この尿もれというかお漏らしに悩まされたのは
1人目出産の時だけだったんですが

1人目出産のあとずっと股間が痛かったんです。
なんかこう脚を広げる体勢をとると痛い。
椅子なら大丈夫だけど床に座る時とかは
股関節がすごく痛くて、これも産後半年くらいでよくなったんだけど

この股関節の痛いのとお漏らしは
少なからず関係性があるんだろうと思っています。


お尻の穴キュッと運動がどこまで効いたのか
時間が解決してくれた面が大きいのかは定かじゃないですが
とにかくお漏らし体質が治ってよかった。。。

ほんと、体が意に反して動いてしまうのはしんどいですね。。



東洋医学の仕事している妹によると
失禁はお尻の穴キュッと運動で
かなり改善されるとのことだったので
マメにあの運動をしていたのはやっぱり吉だったのかもしれません。


我慢しないこととキュッと運動

というわけでトイレは我慢しないほうがいい。
そしてマメにキュっと運動。

あ、あと
トイレでおしっこする時に途中でおしっこ止める
っていう練習もやってました。



ちなみに外出時にお漏らししたことはなかったけど
一応ナプキンつけてました。出かけるときは。
結構恐怖でしたね…外出先であのジョロジョロは怖い。

余談だけど
シャワーの音を聞いてるとさらに緩むのか
シャワーとともにジョロジョロもだいぶ体験した。
お風呂だし別にいいっちゃいいんだけど
やっぱり止めようとしてるのにジョロッちゃうから
多少のショックはありました。笑



しかしわたしの妹は
産後の尿もれというかお漏らししなかったらしいので
どうにかしたらお漏らし防止もできるのかも。

ちょと聞いてみる。


コメント